ピアス、軟骨ピアス穴あけでかわいくなる|吉祥寺駅すぐ

お電話でのお問い合わせ 無料ご相談はこちら 御予約はこちら

ピアス、軟骨ピアス穴あけ

ピアス、軟骨ピアス穴あけキャンペーン
ピアス、軟骨ピアス穴あけメイン画像

ピアスについて

ピアスは、ヘアースタイルと同じく、出会ったときのイメージをさりげなく引き立ててくれるファッションアイテムです。
ただピアスセンターや自分で開けたりすると、炎症を起こしてしまい”しこり”になってしまう可能性が非常に高くなります。
最悪な場合、耳たぶがピンポン玉の様に固く腫れ上がる、耳垂ケロイドというものになってしまいます。
自分で安全ピン等でピアス穴をあけた方に多くみられます。
本来、ピアスを開けるのは医療行為ですから、必ず病院で開けるべきものです。

吉祥寺ビューティークリニックでは、誕生石からチューリップ型台座に宝石を立体的にデザインカットしたものまで、50種類以上の素敵な医療用デザインピアスの中から気に入ったピアスを選んでいただけます。
(穴あけ後の最初の1ヶ月間は、お選びいただいた医療用デザインピアスをずっと外さないでつけて頂きます。一時的に外したり、他のピアスに付け替えることができるのは、1ヶ月過ぎてからです。)
費用は、デザインピアス代込みで、1穴6,000円です。

只今、インターネットキャンペーンとして、
1穴5,000円の料金で空けることができます。


これからの季節、さりげなくピアスを装い、ファッションの幅を広げてみませんか!!

院長ブログではもう少し詳しく(軟骨)ピアス空けについてご紹介しております。

軟骨ピアスは怖くはない!

当院では、軟骨ピアスの穴あけも、たくさんの症例を手掛けていますので、最適な場所を提案すだけではなく、最適な角度で穴あけします。
これは、軟骨に限ったことではありませんが、不自然な位置、不適切な角度で穴をあけてしまうと、美的なバランスを損なうだけではなく、炎症を起こしやすくなります。
→当院では、軟骨ピアスの場合は安全最適な角度に穴あけするために、ピアッサーは使用せずニードルにて穴あけします。

医療機関なら軟骨も安全です。
軟骨だから開けるのが痛いのでは?
などの心配をお持ちの方もいらっしゃいますが、普通の耳たぶと変わりません。

ピアス穴あけイメージ ピアス耳たぶ1穴(消毒代込)
通常価格 6,000円 → 5,000円(税込)


軟骨ピアス1穴(消毒代込) 
通常価格 12,000円 → 10,000円(税込)

軟骨ピアスについて

医療機関なら軟骨も安全です。
軟骨だから開けるのが痛いのでは?
などの心配をお持ちの方もいらっしゃいますが、普通の耳たぶと変わりません。
オシャレの幅がグンと広がり楽しくなります!!

軟骨ピアスの方は、キャッチが平面のラブレット・ピアスも用意しております!
(4mmボール:ゴールド・シルバー・ブラックの3色)


《新着!!》
ストレートバーベルに加えて、バナナバーベルとサーキュラーバーベルを追加しました。
ラブレットタイプにデザインピアスが新入荷!


只今、インターネットキャンペーンとして、
1穴10,000円の料金で空けることができます。
軟骨ピアスイメージ

軟骨ピアスの穴あけ

軟骨ピアスは特にピアススタジオ等で医師でもないショップ店員が行っているところで開けるのはお勧めできません。
ニードルで開けるとしても、当然ながら局所麻酔を使わないでニードルで開けられることになります。
もう少し、詳しく説明してみましょう。

(1)一般の皮膚科等に多く見られますが、ピアスの手技も未熟なままで、「ピアス の穴あけも行っています」のように告知しているクリニックは避けたほうが賢明です。
十分な注意事項の説明を行わないだけではなく、医師以外の看護師等にさせているクリニックも多いようです。
すべての医師はピアスの穴あけに関しては修練を受けていません。
ですから、美容外科的な手技に長じた医師でないと、殊に軟骨ピアスの穴あけは、理想的に施術することは困難です。
病院なら、どこでも安心という考えは捨てるべきでしょう。

(2)軟骨ピアスの穴あけをピアッサーで行うクリニックも避けるべきでしょう。
さすがにトラガスやインナーコンクをピアッサーで開けるところは皆無でしょうが、ヘリックスやアウターコンクを耳たぶ同様にピアッサーで強引に開けるクリニックは珍しくありません。
物理的に可能であることと、それが適切であるかどうかは、まったく別物です。
もし貴方が軟骨ピアスを考えているのならば、まずはそのクリニックのホームページをよく読んで、ニードルで開けるのか、ピアッサーで開けるのかを確認するようにした方がよいでしょう。
耳たぶのように柔らかな平板状の場所であれば、書類の束をパンチで穴開けするのと変わりませんから、ピアッサーがベストです。(耳たぶに関しては、ニードルで開けるメリットはありません。)
ですが、軟骨の場合はまったく話が異なります。
ヘリックスで考えてみましょう。
ヘリックスとは、耳の外周に"C"字状に張る軟骨部分の解剖学用語です。
日本語では、耳輪と言います。
この耳輪はたいてい外縁が内側に巻き込んだ形をしています。
したがって、ピアッサーで開けるには、この内側にまくれた耳輪を平らに引き伸ばした状態でピアッサーを挟み穴あけする必要があります。
しかし、このようにしたのでは、上下左右の微妙な角度をコントロールすることができません。
結果、不自然な向きに開いたりしてしまいます。
不自然な向きのピアス孔は、ピアスを装着した際の見た目の問題にとどまらず、ピアスを着脱する際にピアス孔の内部を引っ搔いて傷つけるリスクが高まります。

(3)軟骨ピアスの穴あけの際に使用するニードルについてですが、施術の安定性から吉祥寺ビューティークリニックではすべての患者さまに対して局所麻酔の上で14G(ゲージ)のニードルで穴あけを行っております。
もっとも、最初にしばらく着けたままにするファーストピアスに関しては、わざわざ太めの14Gを選ばなくても、普通の耳たぶサイズである16Gピアスを選んで何ら問題がありません。
海外でも、ヘリックス、アウターコンクなど軟骨部位にジュエリー系のピアスを着けている人は、たいてい耳たぶと共用の16Gです。
(あまりピアスの軸の太さを意識したことない方のために説明しますと、普通に耳たぶに着けているピアスの軸の太さは16G(1.2mm)です。中には、さらに細い18G(1mm)のものもあります。他方で、へそ・鼻などにするボディピアスは多くが、耳たぶよりワンサイズ太めの14G(1.6mm)です。)ですから、ピアスのコレクションを耳たぶと軟膏とで使い回したい方や、いろいろな宝石や可愛いデザインのピアスを楽しみたい方は、普通に16Gを選択すれば良いでしょう。
無駄に太めのピアス孔を形成する必要はありません。
また、14Gはボディピアスのサイズですから、宝石やデザインを楽しむピアスはメーカーも種類も極端に限られます。
両端がボールになったバーベル型やリング型のピアスしか着ける予定がない方で、しかも軸やリング部分を強調したい方のみ、14Gを選ばれるとよいでしょう。
(吉祥寺ビューティークリニックでは、バーベルのみならず、宝石タイプの14Gピアスもご用意しております。)
軸(リング)の部分を太めにして強調しなくてもよい方であれば、16Gの穴で、バーベル型やリング型も楽しめます。世界のピアスの販売シェアの9割以上は耳たぶサイズの16Gです。
ですから、どのようなデザイン(ストレート、バーベル、カーブ、リング)、どのような価格帯から選ぶにせよ、16Gの方が圧倒的に豊富と言えるでしょう。

(4)ニードルでの穴あけは、局所麻酔下で行うクリニックで行うのが安心です。
ネットに流れる情報は、みなさん御存知のとおり玉石混交です。
特に美容や健康関連について上位検索されるサイトで、雑誌などの記事引用サイト、ブログサイトに関しては、真実とかけ離れたことが書かれていることが珍しくありません。
ネット検索で情報が瞬時に得られる便利な時代ですが、サイトの内容の真偽について何らのフィルターもないため、誤った情報でも上位表示されたり、さらにそれが別サイトで引用されたりで、根拠のない情報がネット上での共通認識のようになることが珍しくないのです。ネット検索の落とし穴と言えるでしょう。
「軟骨の穴あけは痛い・・・」「軟骨は排除されやすい・・・」などなど、医師が読むと奇怪な都市伝説か何かとしか思えない内容のものがたくさんあります。
「排除」などという奇怪な用語は、言わんとするところはわかりますが、そもそも最初に誰が使いだしたのでしょう。
局所麻酔下で行う吉祥寺ビューティークリニックの軟骨ピアス穴開けは、まったく無痛です。
麻酔なしでニードルで穴開けされた友人などの激痛の体験談を聞かされて来院された方々は、みなさん口を揃えて「麻酔って凄いですね!いつ穴が開いたかわからなかった。全然痛くなかった!」と喜び、笑顔で帰られます。

軟骨ピアスの位置解説トリビア

耳の軟骨は、おおよその位置により、へリックス、アウターコンク、インナーコンク、ダイス、ルーク(ロック)、トラガス、アンチトラガスなどがあります。
耳の形は、顔のルックス以上に百人百 様で、また同じ人でも左右で結構、形や向きが違ったりします。
発生、成長段階での軟骨形成・癒合により場所にり若干の厚さに差はありますが、基本的に、耳の軟骨は一枚の板がくねくねと変形したものと見なして構いません。
プラスチックの薄い板が、熱で凹凸変形したイメージですね。
ですから、へリックスもインナーコンクも、穴あけに違いはありません。
当院では、どの部位でも、無痛で穴あけが可能です。
ピアスは、最強のファッション・アイテムの1つです!
是非とも、開ける場所にもこだわって、個性を輝かせてください!

ピアス上級者の貴方に!

インダストリアルってご存知ですか?
多くの有名アーティストやミュージシャン等がしているのがきっかけで欧米でとても流行しているピアスです。
長い棒状のBARピアスを写真のように二度貫通させるものです。
インダストリアルピアスは、BARピアスの長さに合わせて適切な間隔で、しかも自然な状態で一直線上にホールを作らないと、後々トラブルが起きやすく、熟練した技術が必要です。
インダストリアルピアスイメージ
興味がおありの方は、軟骨ピアスで長年の実績ある安心の当院にて是非ともご相談ください。
なお、インダストリアル用ピアスは、ご自分の好きな長さ・デザインのご購入は、専門のピアスショップあるいはネット通販でお買い求め可能です。
医療用ステンレス素材またはチタン素材をお勧めいたします。
必ず新規に購入したインダストリアルピアスをご持参ください。

ピアス上級者に人気のインダストリアル・ピアス♪

料金は、20,000円で、キャンペーン適応で18,000円です。
(カウンセリング代・穴あけ技術料・消毒代込み。インダストリアルピアス代は含まれません。)
ただし、インダストリアル用ピアスは、ご自分の好きな長さ・デザインのものをご購入の上ご来院ください。
BARピアスの長さは、3cm~5cmくらいまで様々あります。

当院のご用意するピアスについて

どこよりも断然豊富な多数のデザインピアス(すべてクリニック専用)を取り揃えております。
まるでピアスショップに来た感じで、50種類以上の様々な美しいデザインピアスの中から選ぶことができます!
デリケートなホールに長時間つけ続けるファーストピアスでは、耳を圧迫しないだけの長さと金属アレルギーに対する配慮も必要です。
耳の薄い子供の頃に始める欧米では有効軸長6mmのピアスを使いますが、大人になって始める日本では耳の厚さに応じて8mmのロングタイプと6mmのスタンダードタイプとを使い分けることが大切です。

※金属アレルギー対応チタンロングタイプ(有効軸長8mm)もあります。

お客様の声(耳たぶの方)

学生

「以前は地元のクリニックであけたのですが、開ける場所の相談に乗ってもらえず、結局変な場所に開けられて一度塞ぎました。こちらのクリニックは、先生が、いろんなアドバイスをして、開ける場所の相談に乗ってくれました。いろんな質問したことにも、すべて丁寧に答えてくださり本当に良かったです!」

学生

「友達が皮膚科で開けたのですが、開ける場所が適当で変な方向に開けられていたので、ちゃんと相談に乗ってくれるクリニックを探しました。たくさんのピアスの中から好きなデザインを選べたし、何万人も開けてきてる先生だから信頼できました。料金も明瞭で大満足です!」

OL

「前に別の美容外科で開けたときは、開ける 場所は自分で印をつけるように言われて、ドクターが入ってくるといきなりピアッサーで開けて出て行きました。その後入ってきた看護師の方も消毒の説明しただけで3分程度の流れ作業でした。自分で印をつけた場所でしたが、後になって合っていなかったので、結局やらなくなって塞がりました。今回は、ちゃんとピアスの位置を相談してもらえる信頼できる病院で開けようと思って色々調べて、吉祥寺ビューティークリニックを選びました。開ける場所はもちろん、ピアスで注意することとかまで、先生がとても丁寧に説明してくださり、本当にこちらに来て良かったです!ありがとうございました。」

お客様の声(軟骨ピアスの方)

学生

「へリックスにいくつか開けていますが、今までのクリニックはどこもピアッサーで開けていて、正直希望通りの角度じゃなかったです。友人がこちらで開けて、トラガスでしたがベストな位置に開けてもらっていたので、私もこちらに決めました。今までのクリニックはどこも開ける角度なんて適当だったので、微妙な角度まで相談してくださる先生にびっくりしました!おまけに全然痛くなく、さらにびっくり!もっと早く、吉祥寺ビューティークリニックを知ってれば良かったです。」

OL

「渋谷の方の病院で前に軟骨に開けたことがありますが、消毒代とか初診料とかで、一箇所なのに2万円近く取られました。吉祥寺ビューティークリニックさんは、キャンペーンで1万円だし、時間かけて開 ける位置も相談にのってくださりました。理想の位置にピアスがつけられて感謝です。また、アウターコンクに開けようと思っていますので、よろしくお願いします。」

OL

「軟骨は、開けた当日はすごく痛いとか、すごく腫れるとかのうわさを耳にしていましたが、昔耳たぶに開けた時よりも全然痛くなく、理想の位置に開けていただきました。どこに開けるのがいいのかよくわからずに行ったのですが、先生が似合う場所をいくつか提案してくださり、とても幸せな気分です。今回は1ヶ所だけでしたが、先生のお話を聞いているうちに、他の場所にも開けたくなりました。またお願いするかもしれませんが、そのときはよろしくお願いいたします。」

料金について

ピアス 耳たぶ1穴(消毒代等込) 通常価格 6,000円 → 5,000円
軟骨ピアス1穴(消毒代等込) 通常価格 12,000円 → 10,000円
インダストリアル・ピアス1穴(消毒代等込)
※インダストリアルピアス代は含まれません。
通常価格 20,000円 → 18,000円
(カウンセリング代、ピアス代、消毒代含む、税込)
ピアス一覧 ピアス一覧

TOPへ